ビジネスサミットOnline » ビジネスサミットとは?

月刊ビジネスサミット

中小企業経営者のためのビジネス情報誌。全国津々浦々の企業事例と元気のヒントを掲載

経営トップのための情報誌、がんばろうニッポンの中小企業「月刊ビジネスサミット」は、インクグロウ株式会社が発行する、中小企業経営者のためのビジネス情報誌です。 本誌は、1986年6月に 「中堅中小企業の活性化こそが、日本経済の発展につながる」という経営理念のもとに創刊されました。読者は経営トップがじつに81.2%(会長・社長67%、役員14.2%)を占めます。全国津々浦々の中堅・中小企業、地域経済の動きにスポットをあてたテーマを厳選、さまざまな経営課題解決策を実例とともに提供し、高い支持を得ています。少数精鋭・スピード経営を重視する中小企業経営者が求める情報を独自の切り口で取材し、お届けしています。

月刊ビジネスサミットイメージ

便利な年間購読コース

月刊ビジネスサミットの年間購読お申し込みを受付しています。
お気軽にお問い合わせ・お申し込みください。
会費: 年間30,000円(税抜)

月刊ビジネスサミット年間購読お申し込み クリック

月刊ビジネスサミット 2020年8月号

┃特集┃アフターコロナ時代を読む

サバイバルの条件

緊急事態宣言は解除されたものの、
未だ収束時期が見通せない新型コロナウイルス。
感染拡大防止と経済をいかに両立させるのか、
現在も社会全体での模索が続いている。
多くの中小企業においては資金繰り対策、売上確保など、
当面の危機を乗り越えることが、依然として最重要課題である。
一方で、オンラインを活用した働き方や仕事の進め方など
新たな潮流も生まれつつある。
アフターコロナ時代に適応するために、中長期的な対策も講じておきたい。
世界経済・日本経済はどう動くのか。
社会、日常生活、人々の価値観はどのように変わるのか。
そしてコロナ収束後に速やかに業績を回復し、再成長を目指すために
中小企業はいま何を準備しておくべきか。
各分野の識者に、サバイバルの条件について伺った。

提言1
収束から再成長に向けて
アフターコロナを見据えた取り組みの方向性
株式会社日本総合研究所 理事 山田英司氏

提言2
これからのBCP(事業継続計画)
繰り返される“想定外”に強い組織をつくる
ニュートン・コンサルティング株式会社 取締役副社長 兼 プリンシパルコンサルタント 勝俣良介氏

提言3
時代の変化に適応した雇用・ワークスタイルの実現に向けて
アフターコロナを見据えた「人材確保力」強化のあり方
株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 マネジャー 佐藤善太氏

提言4
コロナ禍における生き残りのヒント
調査から見えてきた100年企業の強さ
静岡県立大学経営情報学部 教授 落合康裕氏

提言5
変化する働き方に対応する
いま整備しておくべき労務問題とは
杜若経営法律事務所 弁護士 向井 蘭氏

新連載
◆経営者のための決算書入門
損益計算書を読む
(監修)株式会社V- Spirits 代表取締役 中野裕哲氏

連載
◆事業引継ぎへの挑戦
第八回 事業承継に係るお金

その他のオススメ記事
●心に留めたい名言
第29回 永谷嘉男
●中小企業のためのランチェスター戦略講座
第19回 残業を減らしながら商談時間を増やす方法
●中小企業のためのマーケティング講座
第32回 カテゴリーキラー商品づくりに挑戦したミシン製造販売会社
●親子承継のジレンマ
第10回 この転換期に生産性を高める経営へシフトする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●クラブサービスのご案内
●今月のおすすめレポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●取引情報【ニーズカプセル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月刊ビジネスサミット定期購読募集中

月刊ビジネスサミット

2020年8月号

  • ┃特集┃
  • アフターコロナ時代を読む
  • サバイバルの条件