~年末年始休業のお知らせ~
12月28日(金)~1月6日(日)まで年末年始休業に伴い、 弊社における問い合わせ窓口・サービスを
お休みさせていただきます。ご不便おかけいたしますが、なにとぞご了承いただけますようお願い申し上げます。

専門家(士業)コラム

ビジネスサミットOnline » 専門家(士業)コラム » 「グッドキャリア企業アワード 2018」他社事例に学ぶ、従業員のキャリア形成

労務
「グッドキャリア企業アワード 2018」他社事例に学ぶ、従業員のキャリア形成

従業員のキャリア形成

丸山 博美 (HM人事労務コンサルティング) 2018-11-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

















「グッドキャリア企業アワード」とは?


「グッドキャリア企業アワード」とは、従業員の自律的なキャリア形成支援について、他の模範となる取組を行っている企業を表彰する取り組みのこと。 授賞企業の理念や取組内容などを広く発信することで、キャリア形成支援の重要性を普及・定着させることが目的とされています。

従来実施されていた「キャリア支援企業表彰」が、平成28年度より「グッドキャリア企業アワード」に呼称変更されました。2018年度は43社からの応募の中から、「大賞」に5社、「イノベーション賞」に5社を選定されています。

今後ますます進展する少子高齢化、働き手不足時代の到来を目前に、働く一人ひとりの能力を高め、生産性の向上を図るための取り組みは、すべての企業にとって不可欠であるといっても過言ではありません。

「グッドキャリア企業アワード2018」受賞企業の取り組み(従業員数50名以下)

政府主催の「グッドキャリア企業アワード」について、「どうせ大企業ばかりを対象としたものだろう」と思っている方も少なくないかもしれません。 しかしながら、2018年度の受賞企業の中には、従業員数50名以下の事業場もあり、その取り組みは規模の小さな会社にとって非常に参考になるものです。










































出典:厚生労働省『「グッドキャリア企業アワード2018」の受賞企業を決定しました』

具体的には、従業員のスキルアップのためのキャリアコンサルティングや研修・勉強会の活用を、企業が主体となって奨励していく姿勢が高く評価されている様です。

従業員のキャリア形成のための助成金「人材開発支援助成金」

従業員のキャリア形成を奨励する上での懸念事項といえば、やはり「費用」の問題ではないでしょうか?
事業主に意欲があっても、そのためのコストに目を向けるとなかなか実現が難しい、といったケースは、特に小規模の企業にとっては珍しい例ではありません。 

そこで活用したいのが、従業員のキャリア形成に使える「人材開発支援助成金」です。 本助成金は、平成30年4月1日よりキャリアアップ助成金(人材育成コース)、設労働者確保育成助成金の認定訓練コース及び技能実習コース、障害者職業能力開発助成金が統合され、全7コースにリニューアルされた助成金です。



























出典:厚生労働省『人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇付与コース、特別育成訓練コース)』

要件を満たす取り組みによって、研修費用や制度導入費用の一部助成が受けられます。 費用捻出がネックとなりがちな小規模企業では、助成金を役立てない手はありませんね。


まとめ

雇用関係助成金の申請については、「適切な労務管理を行っていること」が大前提となる他、取り組みの要件や手順に関わる細かなルールに合せる必要がある等、企業にとってはなかなか気軽に活用できるイメージではないかもしれません。
しかしながら、助成金申請を通じて労務管理体制を適正な形に整備するきっかけとなり、ひとつ受給できればその後も継続して助成金活用がしやすくなります。どの助成金にも諸々要件はありますが、難しく考えずに、まずは社会保険労務士にご相談ください。ご一緒に、御社の経営課題の突破口を見出してまいりましょう!


著者紹介
 HM人事労務コンサルティング
 丸山 博美 (社会保険労務士)