3分で読める「現場を変えた社長の一工夫」

ビジネスサミットOnline » 現場を変えた社長のひと工夫 » 社員の一人ひとりが 「ものづくりのプロ」の組織に

製造 × 後継者による事業革新
社員の一人ひとりが 「ものづくりのプロ」の組織に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社は1967年、父である柴垣道義が鉄工所の下請けとして創業し、71年に柴垣製作所として独立しました。現在は、空調機、消音機、キューピクル、非常用発電の燃料タンクなどの大型精密板金を製造販売しています。創業時に作っていたのは配電盤のみでしたが、お客様から「こういった商品はできないか」と問い合わせを受ける度に、対応範囲を広げてきました。

お客様のニーズに合わせ徐々に少しずつ業務を拡大
当社は1967年、父である柴垣道義が鉄工所の下請けとして創業し、71年に柴垣製作所として独立しました。現在は、空調機、消音機、キューピクル、非常用発電の燃料タンクなどの大型精密板金を製造販売しています。創業時に作っていたのは配電盤のみでしたが、お客様から「こういった商品はできないか」と問い合わせを受ける度に、対応範囲を広げてきました。一つひとつのニーズに応えていくうちに技術を磨くことができ、現在では、薄い鉄板から作れるようなものは大抵、図面さえあれば作れるようになりました。扱える材質や材料も、お客様の要望に対応するうち種類が増えていき、現在では、鉄、ステンレス、亜鉛、ZAM、ガルバニウム、スーパーダイマーなど多岐にわたります。仕事の流れとしては、お客様から要望を聞いて図面やCADのデータを受け取り、機械で鉄板をプラモデルのようにパーツごとに切り取り、曲げ加工や溶接をして仕上げをし、完成となります。品質面においては、製品の誤差や歪みを抑える設計・製作はもちろん、溶接箇所を極力少なくし、仕上げの美しさにこだわるなど、外観の良さも追求しています。顧客はメーカーが多く、最近は役所や病院、学校などの仕事も増えています。扱う商品の特性もあり、基本的に営業はせず、口コミやHPからの問い合わせだけですが、地元の福岡に加え、山口、広島、大阪などの遠方からも依頼を受けています。


同社の製品と社員


三兄弟の次男として育ち一職人から社長に就任
2015年に代表取締役社長に就任しました。私は三兄弟の次男で、三兄弟の中では最後に当社に入社しました。入社当時は、漠然と長男が事業承継するものと考えていましたが、長男が結婚を機に配偶者の仕事の関係でアメリカに移住することになり、三男も別の夢ができて円満退社。そこで私が会社を継ぐことになりました。それまでは、職人としてひたすら技術を習得するのに夢中で、社長として経営について考える機会が全くありませんでした。そこで16年、遠賀信用金庫さん主催の「おんしん未来創世塾」に第4期生として参加しました。創世塾に参加したことで、経営について考える時間が増え、自然と現場から一歩引いて考える時間を作れるようになりました。創世塾で印象に残っているのは、SWOT分析です。自社の強みを改めて見直す絶好の機会となりました。

1人の職人が全行程を担当しワンストップで短納期を実現
当社の強みは、短納期と多能工化です。現在、従業員は30名ほどいますが、分業制は取っていません。部門ごとの担当や機械ごとに専門の従業員がいるわけではありません。図面を機械にかけて鉄板を切り取ったら、曲げの調整、溶接、組み立てまで1人で行います。ものづくりにかかわる人間として、工程の一部だけでなく、完成までかかわることで達成感も得られ、それが仕事のモチベーションにもなるからです。すべての制作工程を1人で行えるため、他社が引き受けられないような急な依頼でも、夜の7時に図面をもらえば、翌日の夕方までには完成させて納品するということが可能です。このように短納期にも柔軟に対応できるため、既存のお客様から新規のお客様を紹介していただくことも増えています。

現場の意思疎通に苦戦し意見を言いやすい会社を目指す
事業承継後5年になりますが、現在も会長として在籍する現場主義の父は、工場で製作もしています。父が社長を務めていた頃の当社はトップダウンの組織で、父の熱量に惹かれてついてきていた従業員も多くいました。しかし現在は、跡を継いだ私よりも社歴が長い従業員も多く、父のようなトップダウンの経営同社の製品と社員とりの社員との面談の機会を設けるようにしました。相手に言われたことに対し、その場で考えて返答する力も、創世塾のディスカッションで培われたものです。個々の社員の立場から見ればそれぞれ正論でも、会社の立場からすれば違う意見になる場合もあります。どちらが正しいというのではなく、常に「お客様の期待に応える」「短納期」をは合いません。また、自身が現場の職人として働いていた時にも感じたことですが、年功序列にしばられず、会社のために思ったことを自由に言えるような環境は作りたいと思いました。そんな中、経験もあり、期待していた若い従業員が、立て続けに2~3人辞めてしまいました。当時は納期の〆切が立て続けにあって私も忙しかったのですが、最初に辞めると言い出した若手たちは「注意や指導を、ちゃんとしてもらえなかった」と感じていました。一方、先輩社員は「注意すると嫌そうな顔をされるので注意しにくい」と感じていて、コミュニケーションギャップがありました。本来であれば社長の私が注意をしなくても、現場の先輩が注意や指導をすればいいのですが、工場での狭い人間関係の中では「反感を持たれたくないから、あえて自分から注意したくない」という面もあったようです。この一件で、人材教育の難しさを強く感じました。当社では、一人ひとりがそれぞれの工程を学び、組み立てまでプロとしてできるようになるまで最低でも2~3年かかります。やりがいをもってもらう為にも分業をしておりませんが、せっかく育ててきて戦力になる若手を失ったことは、会社としてかなりの痛手でした。期待していた若手の従業員の退職ということもあり、そこからは、17年から年1回、一人ひ次世代経営者目指し、同じ方向を見ながらお互いの意見をすり合わせ、最善よりも最良となる方法を求めるようにしました。時には従業員から厳しい意見をもらうこともありますが、人財でもある従業員に向き合うことが大切だと考えています。私自身悩みも多いですが、このポジションについたことは、自分の成長のためのよい機会であると前向きに考えています。しかし当然、最初からうまくいっていたわけではありません。数年前は、若い社員を集めて毎週土曜日に研修をし、機械の点検方法などを教え、その後も飲みに行くなどしてコミュニケーションをはかっていましたが、現場への浸透が難しく苦戦していた時期もあります。事業承継以降は、「人財」と考えるからこそ、従業員と向き合うことを大切にしております。


当社の従業員


意欲的なベトナム人実習生を迎え、社内が活性化
その後、私が入社する前に数年勤めていた会社の紹介で、ベトナムからの実習生を受け入れることにしました。17年に3名、18年に3名受け入れ、現在は6名のベトナム人の実習生がいますが、結果的に会社の雰囲気は、以前よりかなりよくなりました。特に1期生の3人はとてもまじめで頭がよく、しかも昭和の日本人のように学びに貪欲です。こちらが言ったことに対して覚えようと努力をし、甘えがありません。意欲的な実習生に刺激され、従業員も「教えてあげたい」という気持ちが強くなりました。2期生はまだ1期生に頼っている分、1期生に比べて成長スピードは遅いですが、着実に技術を身に付けています。

小回りとスピードで海外に工場を持つのが夢
当社は複数の部門に分かれているわけではないので、組織図はありません。会長、専務、常務、工場長、部長、副部長、課長、主任がいますが、縦のライン1本に並んでいるわけではなく、横並びの部分もあります。部長は、私の同級生であるいとこが務めています。中学卒業後入社し、いまでは古株です。技術も一番ですが、話や人の扱いも上手なので、今は工場の方を任せています。去年には、4~5人で作業ができる広さの第2工場を作りました。また、副部長がベトナム実習生を指導するようになり、私も事務所で社長としての時間を作れるようになりました。まだ漠然とした段階ですが、将来の目標はベトナムに工場を持つことです。同業他社では日系の大手企業が参入していますが、当社のように、小回りが利く規模の会社には、まだまだ需要があると考えています。現在いるベトナム人実習生の1期生は、本社と同じ設備さえあれば、同じものを作り出せるほどの技術を取得しているので、いつの日か必ず実現したいと考えています。

株式会社柴垣製作所
代表取締役社長 柴垣 拓史氏


1978年福岡県生まれ。幼少期に柔道に出会い、学生時代は柔道中心の生活を
送る。2005 年株式会社柴垣製作所に入社。2015 年、代表取締役社長就任。


Company Profile
株式会社柴垣製作所

所在地 福岡県古賀市薦野1439-1
T E L 092-946-9771
創業 1967 年
資本金 1000 万円
従業員数 25 名
http://www.shibagaki-ss.co.jp/

記事の絞込

■業種
■カテゴリー

業種

カテゴリー