3分で読める「現場を変えた社長の一工夫」

ビジネスサミットOnline » 現場を変えた社長のひと工夫

「企業事例」や「経営者インタビュー」など、日々の経営にお役立ていただけるヒントをお届けします。 また税務や労務など、経営実務に関する記事も掲載いたします。(一部会員限定の記事もございますので、ログインの上ご覧ください)

製造×イノベーションによる成長石川発 革新し続ける老舗企業
匠の技を活かした蒔絵アクセサリーが工房を支える柱に成長

漆工芸 大下香仙工房

何十年、何百年という単位で事業を継続し地域経済に貢献している老舗企業は、その存在自体が地域資源といえる。しかし老舗企業といえども、押し寄せる時代の環境変化に対応できなければ存続することはできない。そのためには、時に、過去の成功モデルを否定する必要もある。伝統と革新が共存する石川県を舞台に、今を生きる「老舗企業」の時代の環境に対応し続ける”強さ”の神髄に迫る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×強い組織づくり「飛ばさない」技術力を結集
完全吸引式にこだわる ハンドドライヤーづくり

株式会社タイズ

水滴を飛ばさない技術力を結集し、吸引式の 水滴飛散防止ハンドドライヤーづくりにこだわる ベンチャー企業の使命感に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

サービス・IT×後継者による事業革新四代目社長がビジネスモデルを再構築する
窮地に陥った 老舗旅館の逆転劇

有限会社吉花(山中温泉「お花見久兵衛」)

経営破綻寸前の状態で、老舗旅館「お花見久兵衛」の 経営者のバトンを受け取った吉本龍平氏。 どん底とも呼べる窮地のなかで吉本氏が断行したのは 抜本的なビジネスモデルの改革だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

サービス・IT×イノベーションによる成長2017年中小企業の成長ビジョン~シニアビジネス~
地域密着の中小企業こそ シニア市場で優位に立てる

株式会社日本総合研究所

少子高齢化が避けられない今後、成長が見込まれるのがシニア向け市場だ。 中堅・中小企業にとって有望な事業分野や、参入方法としては どのような形が考えられるのかなど、具体的・実践的に語っていただいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

その他×イノベーションによる成長2017年中小企業の成長ビジョン
農業分野にビジネスチャンス到来!~アグリビジネス~

株式会社日本総合研究所

日本の農産物は世界でも認められた高品質であるのにもかかわらず、国内農業は斜陽産業と 断じられることが少なくない。低い自給率や、高齢化で相次ぐ離農など、厳しい現場の実態 が伝えられるなか、ここ数年においては、そうした現状も下げ止まるばかりか、緩やかな回 復の傾向を示している。今、農業に何が起こっているのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

その他×イノベーションによる成長【特集】2017年の経済動向
進展するIOTで商機をつかむ ~IOTとものづくり~

株式会社日本総合研究所

IT革命の第三の波といわれるIoT。言葉のみが独り歩きし、具体的に何ができるのか、広く理解されているとはいい難いのが現状だ。とはいえ、その波は一般消費者のみならず、中小企業の足下にも着実に広がりつつある。中小企業はどのように向き合えばよいのか。リサーチ・コンサルティング部門上席主任研究員の浅川秀之氏に、今、押さえておきたいIoTの現状と展望をうかがった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×イノベーションによる成長【特集】2017年の経済動向
マクロ経済から徹底予測~中小企業の経営環境2017~

株式会社日本総合研究所

自律回復に加え経済対策もあって景気の回復傾向は続くものの、大幅な改善はどうやら期待できないようだ。 そんななか、中小企業はどのような手を打てばよいのか。マクロ経済分析を専門としている日本総研の下田裕介氏に、2017年の日本経済を概観してもらった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

その他×強い組織づくり年末特集インタビュー
人を大切にし、幸せにする経営が 企業と地域を元気にする

法政大学大学院政策創造研究科教授 坂本光司氏

経済効率優先の成果主義経営から「人を大切にする経営」へのパラダイムシフトを提唱し、 研究している坂本光司法政大学大学院教授に、人を大切にする経営の真髄を聞いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×後継者による事業革新プラスチック成形の経営革新に挑む
「品質」にこだわり「現場力」を鍛える

中西化学工業株式会社

経営者が代替わりする場合、経営方針がネックとなるケースは多い。 先代の方針を継ぐのか、それとも新たな方針を打ち出すのか。 中西化学工業の新社長・中西宏嘉氏が選択したのは後者だった。 一見すると先代を否定するような、その選択には、先代の意志をも 大切にする大きな意味合いがあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×後継者による事業革新技術を活かして航空宇宙分野に新規参入
経営危機だった町工場の挑戦

株式会社由紀精密

売り上げは最盛期の半分以下。借り入れはその2倍。 いつ倒産してもおかしくなかった由紀精密(神奈川県茅ヶ崎市)が、 この10年、航空宇宙や医療などの新たな分野に次々に参入。 毎年、最高売り上げを更新するV字回復を実現している。 同社を率いる三代目社長、大坪正人氏の経営手法を探る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

小売・流通×イノベーションによる成長革新的なフットケア商品を提供する
「喜びたい」というニーズに応える商品の開発

株式会社リベルタ

薬事法改正で販売継続さえ危ぶまれた水虫ケア商品が、女性用フットケア商品とし て見事な復活を遂げ、 世界各国の美容賞も受賞するベストセラー商品に。 佐藤透社長が率いる株式会社リベルタの、柔軟な発想や 海外市場への果敢な挑戦 に、日本の中小企業が採るべき明日への戦略を学ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

サービス・IT×イノベーションによる成長宅配の全国ネットワークを構築
クリーニングビジネスを“共創”によって革新する

株式会社喜久屋

クリーニングの国内市場規模が減少の一途をたどるなか、昨年5月にスタートした全国展開の宅配サービスが注目されている。運営する株式会社喜久屋の中畠信一社長はこれまで先駆的なサービスを生み出すなど、業界の“革命児”と言われる存在。不況業種にあっても、成長ビジョンを描き、それを実現させていく手法を探る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×強い組織づくり「ひとづくり」という顧客志向
年間200時間を未来に使う

水上印刷株式会社社

歴70年の水上印刷株式会社は、斜陽といわれる印刷業界において売上高と利益率を伸ばし注目を浴びる。その職場は「日本一勉強する」を目標に掲げ、向上心あふれるスタッフたちの熱気に満ちている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×後継者による事業革新醤油・味噌製造業から食品加工業への展開
多品種少量生産で薄利多売を脱却

トナミ醤油株式会社

醤油、味噌の消費量は年々減りつつあり、製造販売業者は悲鳴をあげている。そんななかで食品加工業という新たな道を模索しているのがトナミ醤油だ。地元への愛と多品種少量生産を軸にした同社のビジネスは、単に現状打破というだけでなく、新たなビジネス展開を生み出しつつある─。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×イノベーションによる成長「料理人のステイタス」たる和包丁を、一貫生産と新素材でつくり出す
高度な技術を要する特殊鋼の包丁で海外・ネットの新市場を切り開く

株式会社スケナリ

「スケナリ」という社名を聞いてすぐに「あの、包丁の……」とピンとくる人は、本職(プロの料理人)か、よほどの刃物マニアではなかろうか。東京の老舗の包丁メーカーで修業した現社長の祖父が、先の大戦で故郷に疎開したのを機に富山で興した会社で、当初の社名は「佑すけなり成庖丁製作所」。日本の戦後経済復興の歩みと並行するような形で社歴を刻んできたが、リーマンショック後の不景気で、旅館や料亭に勤める板前の数と同じく和包丁の需要が激減。一時は「廃業の二文字が頭をよぎったこともあった」(花木信夫社長)という。そんな危機を、富山県新世紀産業機構の支援で乗り切ったスケナリ。関(岐阜県)や燕三条(新潟県)などの歴史的な刃物産地ではない富山にて、高品質の刃物メーカーとしての存在感を高めている。まずは、国内のみならず海外のプロの調理人も注目し始めた同社の包丁について紹介しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×後継者による事業革新老舗機械メーカーの旧体質にIT化を導入
「一緒に」の姿勢で一体感を醸成

株式会社松本機械製作

所製薬業界で約60%のシェアを誇る遠心分離機の専業メーカー。昭和14年、旋盤などの作業機械メーカーとして創業。戦後、洗濯機の製造経験をもつ技術者が入社したのをきっかけに、洗濯機の修理を打ち出したところ、大手製薬会社から分離機の修理を依頼される。伝統ある機械メーカー、松本機械製作所(大阪府堺市)の四代目を継いだのが、知野知華氏(34歳)。初の女性社長である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

サービス・IT×後継者による事業革新消防用設備の販売、保守点検で地域一を目指す
逆境をバネに成長を遂げる

株式会社マルヤマ三紀商会

マルヤマ三紀商会は、消防設備の販売、設計、保守点検などを行う企業。1966年に、現社長の父が消火器販売業を始めたのが原点である。現在は二代目の山下広和氏(48歳)が跡を継いでいるが、父から子への事業承継は波乱に富んでいた。29歳で社長に就任したものの、その若さゆえに取引先から信用されず、社員の半数が一気に退職し、会社の存続も危ぶまれたほど。そこからどうやって業績を伸ばしたのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×強い組織づくり包材でモノの価値を伝えるお手伝い
想いを包み未来を創造するパートナーを目指す

株式会社吉村

日本茶の包装に強みを持つ食品包装資材メーカーの株式会社吉村(東京都品川区)。経営理念に「想いを包み、未来を創造するパートナー」を掲げ、挑戦と失敗を経て成長するために、全社員が作業ではなく、仕事に生きがいを見い出す全員参加経営で革新的な製品開発とサービスの創造に取り組んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

サービス・IT×強い組織づくり年間約20万人が乗船する人気のクルーズ事業
横須賀の観光資源「軍港」で地域を盛り上げる

株式会社トライアングル

軍事施設を観光コンテンツにするとは、かつては常識的にあり得ないことだった。だが、その“常識”を打ち破った中小企業がある。株式会社トライアングル(神奈川県横須賀市)だ。2008年、同社が始めたクルーズ事業『YOKOSUKA軍港めぐり』は、年間20万人近くを集客する盛況ぶり。横須賀観光の定番コースの一つとなっている。いかにして人気の観光コンテンツへと成長させたのかー。同社躍進の秘訣を探る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

製造×イノベーションによる成長老舗鉛筆メーカーがこだわり抜いた新製品
書き心地を求める大人のニーズを開拓

北星鉛筆株式会社

文具好きの人々を中心に、口コミで評判が広がり、ヒット商品となった「大人の鉛筆」。「鉛筆を使うのは学童」というイメージを裏切るようなネーミングの同製品は、一見するとアイデア商品のようにも思える。しかし、その開発の裏には、鉛筆にとことんこだわりぬくという北星鉛筆(東京都葛飾区)の鉛筆に特化した姿勢があった─。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを見る

記事の絞込

■業種
■カテゴリー

業種

カテゴリー